カート

タバコを吸うと口臭が酷くなるメカニズム

「タバコを多めに吸うと、口臭が酷くなる気がする」と悩んでいる方はいませんか?

タバコと口臭は密接な関係があります。
喫煙者は口腔ケアをしっかりしないと、口臭だけでなく口腔内の健康を損ねやすくなるでしょう。

今回は、タバコを吸うと口臭が酷くなるメカニズムと対処方を紹介します。

タバコに含まれる口臭の原因となる物質

口臭の原因となるタバコに含まれる物質は、ニコチンとタールです。
タールはタバコの煙に含まれる粒子状の成分の総称で油分が含まれており、喫煙すると歯や舌に絡みつきます。
タールにはタバコ特有の臭いが強く、口腔内に付着する量が多くなるほど臭いも強くなるのです。

ニコチンは、タバコの葉に含まれる無色の油状液体です。
ニコチン自体にはタールのような臭いはありません。
しかし、ニコチンには口腔内の唾液を減少させる作用があります。
唾液が減ると口臭が強くなり、タールもより付着しやすくなるのです。
ですから、タバコを吸うと口臭が強くなります。

舌苔にも臭いが付く

人間の舌には「舌苔」と呼ばれる白い苔のような汚れが付着します。

舌苔は歯磨きや口をすすぐことによって除去されますが、タールが舌苔に混じると粘性が増して取れにくくなります。
その場合は臭いも強くなり、口臭の原因になってしまいます。
特に、舌苔をケアする習慣がない方は臭いが強くなる傾向があります。

喫煙者は歯周病のリスクが高くなる

喫煙をすると血管が収縮し、身体の末端にほど血が流れにくくなります。
血流が悪くなるといろいろな病気を発症するリスクがアップしますが、その1つが歯周病です。

歯周病を発症すると、歯茎が炎症を起こします。
ひどくなると、歯茎に膿が溜まり口臭も強くなります。40代以降の喫煙者が口臭が強くなった場合、歯周病の可能性も高いのです。

タバコが原因の口臭を自分で消す方法

タバコが原因の口臭は、タールやニコチンを除去することで軽減することができます。タールは時間がたつほど落としにくくなるので、喫煙をしたらすぐに歯磨きやマウスウォッシュでうがいをしましょう。
そうすれば、口腔内に付着するタールの量を大幅に減らすことができます。

また、喫煙をした日は舌苔をとる舌ブラシ、歯間ブラシなどを用いて、入念に口腔ケアをしてください。
また、喫煙後に飲む飲み物にも注意が必要です。
コーヒーやアルコールのように臭いが強い飲み物を飲むと、2つの臭いが混じり合って余計に強い口臭になります。

喫煙後はまず口腔ケアをしてからコーヒーやアルコールを飲みましょう。
どうしても口腔ケアができない場合は、ブレスケアなどの消臭グッズを利用してください。
そうすれば、タバコを吸っても急激に口臭が酷くなることはないでしょう。

歯科医院でデンタルケアをしてもらう

歯医者で治療を受ける女性

自分で口臭を消そうと努力してもうまく行かない場合、歯医者を受診しましょう。歯科医院で、デンタルケアをしてもらえば口臭が軽くなります。特に、歯周病の場合は歯医者で適切な治療を受けなければ、症状は悪化していきます。自然治癒することはほとんどありません。歯科医院によっては舌苔のケアもしてくれます。30代以上になったらかかりつけの歯医者を1つもち、定期的に航空の状態をチェックしてもらうことが大切です。

喫煙したら口腔ケアを入念に行う

タバコを吸うと、どうしてもタールやニコチンが口腔内に付着して口臭が強くなります。それを予防するには、口腔ケアを入念に行いましょう。歯磨きだけでなく、マウスウォッシュ・舌ブラシ・歯間ブラシなどを用いて口腔をきれいにすれば、口臭が強くなるのを防ぐことができます。


一覧に戻る