カート

臭いのハラスメント「スメハラ」いい匂いのつもりでも迷惑に?

匂いというのは相手に好印象を与えることもあれば、迷惑になり悪印象を与えてしまうこともあります。
昨今では臭いのハラスメントである“スメルハラスメント”という言葉も浸透しつつあります。
スメルハラスメントとはどういったものであるのかについて改めて説明いたします。

スメルハラスメントとは

スメルハラスメントとは、簡単に言ってしまうと臭いによって周囲に迷惑をかけてしまうことを指しており、意識的に匂いをつけて迷惑をかけるものもあれば、加齢臭やアルコール臭、タバコの臭いと無意識に迷惑をかけているものもあります。

また、スメルハラスメント(以下スメハラ)は体臭によって起こるものだと思われがちですが香水や口臭も原因になってしまうのが特徴です。

周囲に迷惑をかけてしまう臭いを身に纏うことによって頭痛やめまい、吐き気をもよおしてしまい、仕事等に影響を与えてしまうのは近年深刻な問題になりつつあります。

ですがスメハラはとても定義付けが難しいという点もあり、さらにこの問題を根深く深刻にさせてしまっています。

なぜかというと、ヒトから発する臭いを感じ取る嗅覚はその人によって個人差が大きく、人によっては何も問題ない匂い、あるいはいい匂いだと思う一方で、とても苦痛に感じてしまう匂いだと感じてしまうこともあるからです。

その大きな理由の一つはどんなに強くイヤなニオイであっても、人はそのニオイを慢性的にかいでいると「鼻がマヒしてしまい、悪臭を悪臭と認識できなくなってしまう」という特徴があるためです。

その特徴のせいで起こりうる問題例を挙げつつ、対策を考えてみましょう。

香水のつけすぎに注意!

香水というのは自身に振りまくことで周囲に心地の良い匂いを感じさせ、その人の印象を高めることを目的とされています。
しかし、香水をつける際はほんのり香る程度に抑えなければ、匂いがかえってきつくなってしまいますのでつけすぎてしまうのは注意しましょう。

特に室内空間での作業がメインの職業や接客業に従事している人は香水をつける際にはつけすぎてしまうことに気をつけましょう。

この問題も自分としては「普段嗅ぎなれたニオイ」であるために加減が分からず、結果として香水をつけすぎてしまうという問題が起こってしまうのです。

いい匂いなのに柔軟剤でもハラスメント?

また、洗濯をするときに必ず柔軟剤を入れるかと思いますが、柔軟剤というのはほとんどの方が良い香りだと言うはずです。
しかし、この柔軟剤も現在ではかなり多くの種類が販売されており、国内外問わず柔軟剤を使用しているという人も少なくないでしょう。

しかし、この柔軟剤の匂いによって不快になってしまう、あるいは頭痛やめまいといった健康被害が起こってしまうという報告も年々増加傾向にあります。

なぜ柔軟剤のいい匂いがスメハラになってしまうのか、これは柔軟剤の香り成分である化学物質に問題があるのではと言われています。
これも場合によってはスメハラに該当してしまう可能性がありますので、柔軟剤を多めにいれる、香料の強い柔軟剤を使うといったことは、今後問題を避けたいと考えるのであれば使用を控えるか、量を減らす必要があるでしょう。

過剰な臭い対策はNG!

スメハラに該当する臭いというのは香水や柔軟剤だけではなく、加齢臭やミドル脂臭、アルコール臭、タバコ臭など実にたくさんあります。
ただ、内側から発する臭いというのは対策を施すことで軽減し、スメハラとして周囲に迷惑をかけることを軽減することができます。

特に食生活で肉類や脂質の多い食事を摂りがちな人は体臭が強くなりやすいということは広く知られていることかと思います。

また、今ではサプリメントで体内環境を整える等の対策も可能です。

改めて自分は他の人にスメハラをしていないか、この機会に考え直してみましょう。


一覧に戻る