カート

お風呂の入り方で体臭が左右される?体臭改善のための入浴方法

毎日お風呂に入っているのになんだか臭い。
そんな方のために体臭予防に特化した入浴方法をご紹介いたします。

お風呂に入らなければ体臭が強くなる

何日もお風呂に入らないでいると、臭くなってしまうのは当たり前ですよね。
臭くなるだけではなく、肌表面が不衛生な状態が続いてしまうため、病気のリスクなども高まってしまいます。

その中でも日本のように温暖で多湿な気候の場合、
水虫などカビが原因の皮膚病にもかかりやすくなってしまいます。

お風呂に入って体をキレイにすることはとても大事なことです。
病気でもないのにお風呂に入らずにいて臭くなるのは当然ですが、
実はお風呂に入って清潔にしているつもりでも、臭くなってしまっている場合があるのです。

体臭には様々な原因があるため、これだけですべて解決するわけではありませんが、お風呂の入り方で軽減できることもあります。

ですのでここでは体臭を軽減させるための入浴方法をご説明いたします。

体臭改善のためのお風呂の入り方


人は一日の活動によって、体の中に乳酸が増加します。
乳酸が増加すると汗の成分にアンモニアも増加し、体臭に繋がっていきます。
お風呂に入ることで血行がよくなり、乳酸も減少していきますので、
ニオイのケアをしたいのであればシャワーだけで済ませず、湯船に湯を張って温まるようにしましょう。

また、大前提として体の隅々まで洗うことも大切です。
洗えていない部分があるために、体臭が発生することもあります。
特に体から排泄される皮脂は体臭の原因になってしまうため、この皮脂を洗い流す洗い方が必要になります。
耳の後ろや足指の間、汗をかきやすいわきや背中など、隅々まで洗いましょう。
頭皮など皮脂の多い部分は、指の腹を使ってマッサージをしながら洗うと、皮脂汚れを洗い流すことができます。

また、肌が乾燥すると、乾燥を防ごうとして、においの元になる余計な皮脂が出てきてしまいます。

乾燥や傷によって肌に隙間ができるので、その隙間ににおいの元になる汚れなどが溜まりやすくなるので、注意が必要です。柔らかいタオルなどを使用して、石鹸をよく泡立てて洗うようにしましょう。

夜はぬるめの温度でゆっくり湯船に浸かる

体臭の原因になる乳酸は、血行が良くなると減少していくという特徴があるので、ゆっくり湯船に浸かることは乳酸の減少にも効果があります。

しかし、朝の入浴では入浴後すぐに活動が開始され、乳酸が減少する時間がとれなくなります。
乳酸が減少しなければ体臭はどうしても発生してしまうため、
夜ぬるめの温度でゆっくり湯船に浸かることが体臭の改善にはおすすめです。

また、湯船にコップ一杯のお酢を加える入浴方法もあります。
お酢には殺菌作用のあるクエン酸が含まれており、雑菌の繁殖を抑えてくれるので体臭対策が望めます。
お酢を入れたお風呂には発汗作用もあるため、汗腺の機能を回復する効果も期待できます。

湯船に浸かったあとは、シャワーで洗い流せばお酢のにおいが体に残ることもありません。
ですがお酢を入れたお湯を湯船に入れっぱなしにしてしまうと、浴槽が傷んでしまう原因になりかねないため、お風呂から出たらお湯を抜いてサッとシャワーで流した方が良いでしょう。

体臭防止は夜の入浴と朝のシャワー

人は夜寝ている間にも汗をかくため、朝にお風呂に入りたい人もいるでしょう。
ですが朝は体内が水分不足になっていることもあるので、朝風呂でさらに脱水症状になってしまう危険性もあるようです。

寝汗のにおいが気になる朝はシャワーだけで済ませましょう。
もちろん、夜に入浴していることが前提です。


一覧に戻る