カート

岩盤浴で体臭改善!良い汗をかいて免疫力も高める入り方

汗と聞くとつい嫌な臭いを思い浮かべてしまいますよね。
確かに汗は体臭の元となるものですが、汗をかいて美容効果を高める岩盤浴をすることによって体臭改善の効果が得られます。
岩盤浴での効果や、岩盤浴で良い汗をかいてしっかりと美容効果を得るためのコツについてご紹介します。

岩盤浴の効果

岩盤浴に入ると汗をかくことでデトックス効果やダイエット効果、むくみや冷えの解消、つらい肩こりの改善などたくさんの効果を得ることができるメリットがあります。
この時に体から出る汗は悪いものではなく、”天然の化粧水”と呼ばれるほどの良いものなのです。

自分がかいた汗を浸透させることで美肌効果も得られるので、是非汗を利用してつるつるの肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。
たくさんの効果の中でも代表的なデトックス効果とダイエット効果についてご説明します。

デトックス効果

デトックス効果というのは、体に溜まった毒素を排出する効果のことです。

毒素には体内毒素と体外毒素の2つがあり、排出をする時には体内毒素は皮脂腺から、体外毒素は腎臓から排出されると言われています。
岩盤浴で血行が良くなって代謝が上がることによって、その毒素は汗や尿として体から排出されやすくなります。

これが岩盤浴がデトックス効果が高いと言われる理由です。
デトックス効果が高まることによって自律神経が正常になり、免疫力アップにも繋がるので健康にも良いのが岩盤浴の人気の秘密です。

岩盤浴で「良い汗」をかくには


岩盤浴で良い汗をかくためには、正しい岩盤浴の入浴方法を知っておく必要があります。
例えば、岩盤浴では入浴前や入浴中、入浴後に水分補給を行うこともポイントとなります。この水分は全部で750ml程度用意し、一度に飲むのではなく分けて飲んでいきます。

入浴時間や入浴中の注意、入浴後の正しい知識を身につけることで、体から毒素を排出して綺麗になりましょう。

入浴時間

岩盤浴初心者は入浴時間を3分程度からスタートさせることからおすすめします。

仰向けとうつ伏せを3分ずつ行った後には、5分から10分程度休憩を入れます。
岩盤浴によく行って慣れている場合には3分ではなく、休憩時間と同じ5分から10分を岩盤浴の時間に充てます。

これを3回から4回程度繰り返すので、全体の入浴時間は休憩時間を含めて60分から長くても90分程度になります。

入浴中の注意

岩盤浴では入浴中に水分補給を忘れてしまいがちですが、大量に汗をかくのでタイミングを見て水分補給をしていくようにしてください。

ずっと同じ体勢でいるのではなく、仰向けとうつ伏せの2パターンに分けて時間を計るのを忘れないようにしてください。
正しい入浴方法を守ることによって効果が高まるので、注意点を守ることで岩盤浴の高い効果が得られるでしょう。

長く入ることが良いと思いがちですが、慣れないうちは無理は禁物なので徐々に慣れていくようにしてください。

入浴後


入浴後に汗が気になる人も多いと思いますが、岩盤浴の汗は一般的に臭いが気にならないものだと言われているので安心してください。
それでもどうしても体臭が気になるという方は、岩盤浴が終わった後に石鹸は使わずにシャワーだけで体を洗い流すことをおすすめします。

臭いを消すスプレーなどを使うのも良いのですが、ポイントは体に直接吹きかけないことです。

どうしても使いたいという方は自分の体ではなく、衣類にスプレーをかけるのが良いでしょう。
そうすることによって自然と臭いも気にならなくなり、美肌効果も持続していくはずです。

何も考えずに岩盤浴をするのと、効率よく岩盤浴をするのでは効果もリフレッシュ度合いも大きく変わってきますので、ぜひここで学んだ効率の良い岩盤浴をお楽しみください。


一覧に戻る