カート

おならが気になる人必見!食生活に気を付けて!

便臭を消すためには、自分に合った方法を見つけて継続することが大切です。
そのために、まずはさまざまな対策と効果を知ることから始めましょう。
今回は誰にでもできる対策を紹介します。

乳酸菌は効果大!

乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類があります。
便臭を消するには、その原因を作り出している腸の環境を改善しなければなりません。

2つの乳酸菌のうち、大きな効果が期待できるのは植物性乳酸菌のほうで、味噌やキムチ、漬物等の発酵食品に多く含まれています。
毎日の食事にとり入れることによって、腸内の善玉菌を増やしていきましょう。

食物繊維やオリゴ糖を上手に摂取

また、食物繊維を摂取すると便通が良くなり、また善玉菌のエサとなって腸の働きを活発にします。
食物繊維は海藻や寒天、また野菜や豆類等にも豊富に含まれているので、それらを組み合わせて摂取するとよいでしょう。

そしてオリゴ糖も善玉菌のエサとなって、腸内の善玉菌を増やします。
オリゴ糖はバナナやはちみつなどにも含まれていますが、ごく少量です。
不足しがちな部分はサプリメントなどを活用して摂取することをおすすめします。

ココアが効果的って本当?


数ある便臭を消す食品の中でも、特にココアの効果に注目です。健康食品としても定評のあるココアですが、食物繊維を豊富に含んでおり、便通が良くなったりや便臭にも効果が期待できるのです。

ココアに含まれる食物繊維

ココアに含まれる食物繊維「リグニン」は、次の2つの方法で腸に働きかけ、便臭の改善に一役買っています。

1.腸内の善玉菌を活性化

1つ目の方法は、腸内の善玉菌を活性化させることです。
便臭がきつい人の腸には、におい成分を生成する悪玉菌が多く存在しています。
本来健康な人であれば、腸内には善玉菌が多く存在しているのですが、
食生活の乱れや加齢など、さまざまな原因によって悪玉菌が増えてしまうと、その分善玉菌が減ってしまうのです。

そこで、ココアに含まれるリグニンが有効に働くと、善玉菌が元気を取り戻し、腸内環境を整えるという仕組みになっています。

2.腸内で生成されたにおい成分を吸収・排出

リグニンは腸内で生成されたにおい成分を吸収し、排出する働きがあります。
便と一緒に排出されるにおいも、リグニンの中に閉じ込められているので臭く感じなくなるのです。


一覧に戻る