カート

汗にも種類がある?

体臭や口臭を予防するというのは、社会人のエチケットです。
しかし、自分ではなかなかわからないのが困ったところです。
そのニオイの原因は、年齢、性別によってさまざまですが、原因を知ることが体臭を予防や改善する近道といえるでしょう。
では気になる汗からくる体臭の原因とは一体何なのか、解説していきます。

体臭の原因は「皮脂と汗+雑菌」


わたしたちの皮膚には「皮脂腺」と「汗腺」があり、それぞれ皮脂と汗を分泌します。
てかりやべとつきなど、なにかと疎まれる皮脂と汗ですが、皮脂に皮膚や毛髪の表面に脂肪膜を張り、その脂肪膜によって皮膚の潤いを与え、保護します。

また、汗は汗腺が熱に反応すると出てきます。
そのことによって皮膚の汗が蒸発し、上昇した体温を下げるといった体温調節の役割があります。
そのほか、刺激物や辛いものを食べた時や、緊張している時なども汗が出ます。
そういった役割がある皮脂や汗ですが、その皮脂や汗が体臭の原因となることもあります。

体質や摂取した食べ物や飲み物によりますが、そもそも分泌されたばかりの汗や皮脂はほとんどが無臭です。

その汗や皮脂と皮膚に付着しているさまざまな種類の皮膚常在菌(雑菌)が作用し、
汗や皮脂に含まれる脂質、タンパク質、アミノ酸などの成分を酸化、分解される過程で、
体臭の原因となる揮発性成分(ガスのようなもの)を発するようになります。
これまでに数百種以上この体臭の成分は確認されています。

2種類の汗腺によって違う汗のニオイ


汗を分泌するのは「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺に分かれます。
2種類それぞれの汗腺は含まれる成分が違い、成分が違うということは発生するニオイも違ってきます。
ここでは、それぞれのニオイの特徴を紹介します。

エクリン汗腺

一部分をのぞき身体のほぼ全身にあるのがエクリン汗腺です。
人間のかく汗のほとんどが、このエクリン汗腺からの汗で、体温調節などのために水分の多いサラサラとした汗です。
成分のほとんどが水分ですが、他には塩分や尿酸、アミノ酸が含まれており、垢や皮脂などの汚れがつくことによって、そのアミノ酸などが分解され体臭の原因となります。

アポクリン汗腺

主に脇や性器周辺などにアポクリン汗腺あり、分泌される汗は水の他に独特のニオイの原因となるタンパク質、脂質、脂肪酸などが含まれています。

もともと動物のもつフェロモンのような働きをアポクリン汗腺による汗はもっていると考えられ、そのニオイで性的に異性を惹き寄せるとされています。
ですから、この男性特有の体臭は同性よりも、女性がより敏感に感じられるとされています。

部位や男女で違う体臭

このエクリン汗腺とアポクリン汗腺は人間の身体でも分布しているところも、成分も違うため、身体の部位によってその体臭の特徴や性質も違ったものになります。
また、男性は女性よりも皮脂の分泌が多いことがあり、女性よりも体臭がきつくなることもあります。

これには、皮脂の分泌量の違いや成分の違いもそうですが、女性ホルモンによって汗を抑える効果があるということも影響があるようです。
しかし、汗腺の数は男性よりも女性のほうがもともと多いと言われており、加齢とともに女性のほうが体臭が気になる場合もあります。

これらは、女性ホルモンのバランスが乱れることによる症状で、生理前などにも体臭の変化は現れるようです。

体臭によって思わぬ病気がわかることも

体臭の違いによって、思わぬ病気がわかる場合もあります。

普段の汗や体臭のケアをしていても、少し違和感のある体臭を感じたり、人から指摘される場合は、ワキガなどだけでなくこのような病気の可能性もあるかもしれません。

病気の可能性があるということで、油断はできませんが、ほとんどの場合は食事や生活リズムの乱れなどによりホルモンバランスが崩れることで発生する体臭であることが多いでしょう。

睡眠不足なども影響してきますが、現代人に多い体臭の原因は食生活が大半だと言えます。
欧米の食事なども手軽にとれるようになったことで、動物性脂肪などの脂っこいものを食べる傾向が増えてきました。
これにより、体臭が気になる場合が多いと思います。

これらの原因を理解し自分にあったケアを続けていきましょう。


一覧に戻る