カート

気になる足の臭いは改善できる?足が臭う原因と対策を解説

足の臭いに悩んでいる方はいませんか? 足が臭うと靴を脱ぐのをためらうようになり、日常生活に支障が出ることもあります。

そこで今回は、足が臭う原因と自分でできる対策を解説します。

足が臭う主な原因

足が臭う主な原因には、以下のようなものがあります。

・雑菌の繁殖

足はもちろんのこと、靴や靴下も雑菌は繁殖しやすい場所です。
足のケアは十分にしていても、靴のケアは不十分という方も多いのではないでしょうか?

特に、革やゴム類、ビニール製の靴をくり返し履く人は、十分にケアをしておかないと雑菌が繁殖し、臭いの原因となります。

・汗

足の裏は、脇の下同様人体の中で汗をかきやすい場所です。
特に、ストッキングや靴下を1日中はき続けている人は、体温が上昇して汗をかきやすくなります。

そもそも足の裏であっても、かいたばかりの汗に臭いはありません。
しかし、汗に含まれている分泌物を餌に雑菌が繁殖すると、臭いの元になります。

・皮脂や汚れ

足の裏は、汚れやすい場所です。

しかし、毎日入浴していても足の裏まで念入りに洗わない人も珍しくありません。

また、足の爪の間は汚れがたまりやすく、そこに汗が混じれば雑菌が繁殖してそれが臭いの原因となることもあります。

・ストレス

強いストレスがかかると、体臭が強くなる人もいます。

「最近急に足の臭いが強くなった」という場合は、ストレスが原因の可能性もあるのです。

足が臭う場合の対処方法

足の臭いが気になる場合、どのような対処方法があるのでしょうか?ここでは、その一例を紹介します。

・靴や靴下のケアをする

靴に雑菌が繁殖していると、足を清潔にしていても臭いが消えません。
靴を脱いだら消臭剤などを利用して、臭いケアに努めましょう。

また、湿気も臭いの原因となります。特に夏は汗をかきやすいので、靴を脱いだら風通しのよいところに置いておき、除湿に努めてください。

また、靴下は毎日洗いましょう。短時間でも履いた靴下はニオイだけではなく衛生的にも非常に良くないので、再度履くようなことのないようにしましょう。

・足のケアをする

足のケアも臭い対策には重要です。入浴したら、指の間までしっかりと洗いましょう。
また、爪は中に汚れがたまらないように短く切り、角質のケアもしておくことが大切です。
このケアをすることで、汗をかいても雑菌が繁殖しにくくなります。

・ストレス発散の方法を考える

ストレスで体臭が強くなった可能性がある場合は、ストレス発散の方法を考えましょう。ただし、暴飲暴食はいけません。

脂肪分が多い食べ物やアルコールは、腸内環境を悪化させ、体臭が強くなることがあります。ストレス発散としての暴飲暴食は絶対に避け、運動など、健康的な発散方法を検討しましょう。

まとめ 

足の臭いは靴や靴下が大きな原因になってしまうケースもありますが、そこへの対策を行っていくのが効果的です。
また、ストレスが原因の場合は暴飲暴食以外の発散用法を考えましょう。


一覧に戻る