カート

娘の口臭がキツイ?原因と対策!

子供の口臭が強くなる原因

子どもが近寄ってきたとき、口の臭いが気になった。という親御さんは決して珍しくありません。
子どもの口腔環境はちょっとしたことで悪化します。
また、子どもの口臭を放置しておくと、思わぬ弊害が出る可能性があります。そこで今回は、子どもの口臭が強くなる原因を対策と共に紹介します。

歯磨きがきちんとできていない

歯磨きが苦手、という小さい子どもは珍しくありません。
親が仕上げ磨きをしてあげても磨き残しがあることも多いです。
磨き残した部分に歯垢がたまっていくと口臭が強くなります。
特に、歯が生えかわる時期は隙間ができやすく、そこに食べかすが挟まって歯垢がたまりやすくなるので、注意が必要です。

口呼吸になっている

子供は鼻呼吸ができず、口呼吸になることが珍しくありません。
特に、鼻が詰まりやすい子供や、アデノイドの子供などは口呼吸になりやすくなります。
口呼吸になると口の中が乾きやすくなり、口臭が強くなるのです。

口の筋肉の未発達

鼻呼吸でも、口の周りの筋肉が未発達だと口をしっかり閉じることができません。常に口が半開きの子は注意が必要です。口をしっかりと閉じられる子より、口の中が乾燥しやすく、口臭が強くなることがあります。

胃の病気

胃炎など胃の病気になると独特の口臭になることがあります。子供はストレスに敏感です。幼稚園から小学校に上がるときなど、環境ががらりと変わったとき、受験などのときにストレスで胃炎になることもあるので、急に強い口臭がした場合は、病気を疑いましょう。

口臭の対処方法

では、子供の口臭が気になった場合はどうすればいいのでしょうか?ここでは、対処方法を解説します。

歯科医を受診する

子供の口臭が気になった場合、まずは歯科医院を受診しましょう。
口腔の状態を確認してもらうのです。
歯垢があったら除去してもらいましょう。
それだけで口臭がましになることがあります。
小児歯科をかかげているところならば、小児の口腔から鼻腔の様子まで診てくれます。
そのうえで、耳鼻咽喉科へ受診に行くようにすすめたり、矯正をすすめたりと口臭を改善する方法を提案してくれます。

口呼吸を改善する

口呼吸を改善すると、口臭が収まることもあります。
鼻が詰まって鼻呼吸ができない場合は、まず耳鼻咽喉科を受診して鼻づまりを治しましょう。
子供は風邪から副鼻腔炎に移行しやすく、鼻づまりの期間が長くなった結果、口呼吸が習慣になってしまったという子供もいます。
ですから、時間をかけて口呼吸を改善することが大切です。
噛み合わせが問題の場合、歯科医院でマウスピースを作製してもらうなどの治療が有効なこともあります。

口の周りの筋肉を鍛える

柔らかいものばかり食べていると、口の中の筋肉が発達しません。
かみ応えのあるものを食べさせる、食事の際は何回も噛んで食べる習慣を付けさせるなどしましょう。

歯磨きをしっかりとする

子供は新陳代謝が激しいので、意外と口臭が強くなることもあります。
特に、歯の抜け替わり時期は歯磨きをしっかりとしましょう。
親が仕上げ磨きをしても不十分と感じる場合は、1ヶ月に1度くらいの割合で歯医者を受診するのもおすすめです。虫歯予防にもなります。

病気が疑われる場合は早めに受診する

内臓系の病気で口臭が疑われる場合、一刻も早く病院を受診しましょう。
治療が早いほど、完治までの期間も短くなります。

まとめ

今回は、子供の口臭の原因と対処方法について解説しました。
子供が口臭なんて、と思いがちですが口の臭いは年齢・性別に関係なく発生します。
気になったら、まずは歯医者を受診してください。


一覧に戻る