カート

体臭は食べ物で変わる? 体臭を悪化させる食べ物、抑える食べ物を紹介!

「最近、何故か体臭が強くなっているような気がする…」と悩んでいる方はいませんか?

実は体臭は、体質だけでなく食べる物によって変わることがあります。

今回は、体臭を悪化させる食べ物・体臭を改善させる食べ物の両方を紹介し、簡単なケアの方法を解説します。

食べ物で体臭が強くなる原因

体臭は「汗」「皮脂」「皮膚にいる常在細菌」の3つによって決まります。

この3つのうち、汗は食べ物の影響を受けやすいです。

体内に入った食べ物は胃や腸などで消化して分解されます。
しかし、消化しきれなかった成分は血管を通って体外に放出され、それが臭いの原因となるのです。
また、食べ物によっては消化器官に負担をかけるものもあり、そのようなものを食べ続けると消化機能が低下し、ますます体外に放出される臭いの原因物質が多くなります。

これが、食べ物で体臭が強くなる原因です。

体臭を悪化させる食べ物

では、体臭を悪化される食べ物はどんなものがあるか、一例を解説します。

・揚げ物など脂質が多い食べ物

フライ・唐揚げ・天ぷらなど脂質が多い食べ物は、体内に中性脂肪を増やします。
中性脂肪が増えすぎると皮脂の量も増え、体臭が強くなりがちです。

・肉類

肉類は、腸内で分解される際にアンモニアが発生します。
肉類は身体にとって必要なものですが、多量に摂りすぎると腸内環境を悪化させ、体臭が強くなる原因を作るのです。

・臭いが強い食べ物

ニンニクに代表される臭いが強い食べ物は、臭い成分が分解しきれず、血液を通って皮膚から放出されることがあります。
揚げ物、肉、ニンニクなどを組み合わせて食べると、特にその傾向が強くなるでしょう。

体臭を改善する効果が期待できる食べ物

一方、体臭の改善が期待できる食べ物には、以下のようなものがあります。

・食物繊維が豊富な食べ物

ゴボウ・豆類・きのこ類など食物繊維が豊富な食べ物は、腸内環境を整えて便秘を解消させます。

腸内環境が改善すれば体臭を悪化させる原因物質も減り、体臭の改善が期待できるでしょう。

・発酵食品

納豆・ヨーグルト・味噌などの発酵食品は腸内の善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌が増えれば腸内環境も整い、体臭が改善しやすくなるのです。

・緑茶

体臭が強くなる原因の一つに加齢があります。
緑茶に含まれるカテキンには加齢を遅らせる強い抗酸化作用と殺菌作用があり、定期的に飲み続けることにより体臭が改善しやすくなるでしょう。

まとめ

体臭を悪化させる食べ物も身体には必要な栄養が含まれていますが大切なのはバランスです。

食べる量を控えたり体臭を改善させる効果がある食べ物と一緒に摂ったりしましょう。


一覧に戻る