カート

パンプスを履くと蒸れて臭い?!靴や足の臭い対策って?

どうしても毎日履いているパンプスは、ストッキングと一緒に臭ってしまうものと諦めてはいませんか? 日頃のケアと効果的な臭い取りの方法で、臭いは抑えることができるのです。

パンプスが臭いのは蒸れるのが原因

履きなれたパンプス、また朝から1日履きとおした夕方のパンプス等からにじみ出る臭い、それがどのような類で、どれぐらい臭いのか、女性の方なら誰でも想像がつきますよね?

その臭いの大きな原因は「蒸れ」です。
足は非常に汗をかきやすい部分で、その1日の量は両足あわせてなんとコップ1杯分にもなると言われています。
また、足の裏や足先は、古い皮脂や角質が剥がれて垢が溜まるので、常に臭いが発生しやすい状態となっています。

その蒸れを長時間放っておくと、雑菌が繁殖し、それが足の汚れを分解することで臭いが発生するというわけです。

つまり、汗や垢等で足そのものが臭ううえに、蒸れのせいでそれらの汚れをエサに雑菌が発生してしまうという事態が重なるので、パンプスからは強い臭いがしてしまうのです。

パンプスの臭い取りには重曹?

パンプスを仕事上で毎日履かなければならない、そのような状況の女性は多いはずです。
そして、大抵の場合はきちんとケアをすることができず、汚れて臭ったままのパンプスを翌日も履き続ける、という負のスパイラルに陥るのです。

また、すぐにでもこの臭いを隠したい、と消臭スプレー等を使うことも多いでしょう。
しかし、その場限りのアイテムを使って臭いをごまかすことはできても、臭いの元は残ったままです。

そこで注目したいのが、「重曹」を使った臭い取りです。
その方法ですが、重曹を靴下や要らない布等に入れて、中身がこぼれないように結び、臭いのするパンプスの中に一晩入れておきます。
すると、驚くことにたったこれだけで臭いがケアできるのです。

重曹は弱アルカリ性なので、酸性の臭いと中和することでその臭いを消すことができます。
また吸湿作用もあるので、蒸れた靴の湿気も取ってくれるのです。

そして、重曹を溶かしたお湯の中に足を入れておくと、足の臭いまで消すことができます。
これだけ絶大な効果があるにも関わらす、重曹での臭い取りは人体に害が無く、誰にでも手軽にできる簡単な方法です。


臭いを元から断つためにも、毎日の臭いケアにとり入れて、パンプスに臭いを染み込ませないようにしましょう。

靴や足の臭い対策

その他にも臭い対策はたくさんあります。

まずは、普段使っている石鹸を変えてみましょう。
臭いを発生させるような足は、正しい方法でしっかりと洗い、清潔に保っておくことが必要です。
そのためにはもはや普通の石鹸を使ったのでは期待できません。


足の臭いからお別れしたいのであれば、重曹入り石鹸ミョウバン石鹸等を使うことをお薦めします。

重曹入りの石鹸による消臭・殺菌効果に加え、ミョウバン石鹸を併用することで、弱酸性の健康な肌を保つことが期待できます。

また、臭いの原因となる靴の「蒸れ」を抑える方法も効果的です。靴や足の臭いは、そこに溜まった雑菌の繁殖によるものなので、この雑菌の発生を抑えることができれば、臭いの元を断つことに繋がります。

その方法とは、靴や足の「水分を飛ばす」ことです。
今は靴専用の除湿剤が市販されているので、毎日靴を脱いだ後にその中に入れておくと、雑菌の繁殖を防ぐことができます。
あるいは、消毒用エタノール等を使って殺菌するのもよいでしょう。

そして、数々の消臭アイテムにも注目です。消臭スプレーだけでなく、消臭靴下や消臭インソール等、つけるだけ、履くだけのお手軽アイテムばかりです。
これらの対策をうまく組み合わせて、靴の臭いに悩む日々から解放されましょう。


一覧に戻る